初めての高尾山へ登山?!

4月 21st, 2013

ミシュラン3つ星の高尾山に初めて登ってきました。人気なのもわかります。思ってたよりも登るのも食べるのも^^;楽しい山でしたよー。

高尾山にチャレンジ

すっかりインドア派のおとうさんですが、同じくインドア派のお姫さまたっての願いで高尾山に行くことに。きっかけはアニメ「ヤマノススメ」、作品内で描かれた高尾山がなんだかとっても楽しそうで、そして団子が美味しそうってことでのチャレンジです^^;

高尾山に登ってみた(レポ)

高尾山までは車にて。都内も中央道も渋滞なく1時間半ほど。圏央道が高尾山口まで伸びていてアクセスは楽でした。

問題は駐車場。事前に調べると高尾山口駅前の高尾山麓駐車場は10時には満車になってしまうとか。ただ今回はラッキーなことに到着時にちょうど1台車が出てきて止めることができました。普通車土日で1日千円。そこから少し下ったところにもコインパーキングがあって、こちらはまだまだ停められましたね。やはり1日千円です。ハイシーズンにどうしても車でって人は、朝早くか、高尾市街から電車ってのがいいんでしょうね。

駅前はハイカーでいっぱい。ヤマガールもいっぱいです。ホントここは人気なんだなぁと。

駅前の観光案内所でマップをもらい、駅前の看板を確認して出発です。

まずはケーブルカーでショートカットです^^; リフトはこわいからと却下されました。

往復切符を買うと、帰りはケーブルカーでもリフトでも好きな方で降りてこれるのですね。

ケーブルカーは15分おきの出発。団体さんが並んでる列に最初並んでしまい、放送を聞いてあわてて改札に入りました。

ケーブルカー到着。なんだか目の錯覚でおかしくなってしまう傾きかたです。お姫さまは覚えてる範囲では初めてのケーブルカーで、なんでこんなにナナメなのか首をかしげてました。

で、出発するとだんだん車内の傾きが変わってくる。目の前の線路もあり得ないグラいの傾斜にどんどんなってくる!お姫さまびっくり、おとうさんもあらためてびっくりしてました。

ちょうど真ん中ですれちがう。ケーブルカーのしくみをしたり顔で説明するおとうさん。ケーブル切れたらって考えるとドキドキしますねぇ。

ほどなくしてケーブルカー山頂駅に到着。三色団子とか天狗焼きやビアマウントも気になりますが、まずは山頂をめざさなきゃですね。

ちょっとすすむと展望台。この日はあいにくの曇り空。天気がよければスカイツリーも見えるとか。それでもそこそこ下界が見ることができて、やっぱり高いところからの眺めっていいなって思いました。お姫さまもニッコリです。

その先にはありました!ヤマノススメにもでてきたおみやげ屋さんです。モモンガ……もとい、ムササビが「ヤマノススメで紹介されました」ってPOPつきでぶら下がってました。かわいいですね。お姫さまはそのとなりの高尾山のサルのほうが気になってたようですが^^; おみやげは帰りにとっておいて先を進みます。

まずはたこ杉。樹齢400年以上、不思議な根っこをもつ立派な杉です。

となりのひっぱりダコをなでまわして無病息災を祈願します。

>

登山道は道幅も広くて歩きやすい。ちょうど新緑の時期、緑のトンネルが気持ちいいです。もっと暖かだったらもっとよかったけど^^;

分岐を左に男坂。煩悩の数108段の階段を登ります。女坂は帰り道に。

男坂と女坂の合流地点には権現茶屋。ゴマだんご気になりました。あと天狗ラーメン。いいところにありますね。

ここからは杉並木が続きます。のんびり先をすすみましょう。

脇には杉苗木の寄付一覧。ここの目玉は八王子在住の北島三郎さんの名前ですかね。十万本!

ほどなくして薬王院に到着です。なんだか登山というより参拝という感じですね。

くぐると願いが叶う願叶輪潜。くぐった先でお祈りするのでちょっと行列になります。でもちゃんと願ってきました。

八重桜きれいでした。また石段です…。

この天狗は迫力ありました。

ここからラストスパートです。道幅も狭くなり、とはいえまだまだ歩きやすいですが、どんどん登って登って、約10分山頂に到着です。

ホントひといっぱいでした。人気の山なんですね。いろんなところに腰かけて、お昼を食べてる人が多かったです。

さて山頂といえば絶景。ここは関東の富士見百景に選ばれた地。期待が膨らみます。が……。

ホントはここにでーんと富士山が見えるはずなのに!曇り空なので仕方がないですが、やはりちょっと残念です。

さて登頂したら次はおなかが空いてきます。ちょうどお昼どき。お姫さまの目的はどちらかというと食べものです。さて何を食べましょうかね…。

高尾山でいろいろ食べたよ とろろそば

高尾山ではとろろそばが有名なんだとか。お姫さまもそばを食べたいとのことで利害は一致。山頂付近には3軒食べられるところがあります。食べログみてもかえってよくわからなかったので、いちばん標高が高いところにある大見晴亭へ。よくもわるくも山の上の食堂という感じです。

注文したのはたぬきとろろ。標高が高いからなのか価格も高い1000円。でもなかなか美味しい逸品。おそばは食べ応えのある太めの手打ち風。つゆは色は薄めでもしっかりだしのきいた味。ほうれん草のような山三つ葉がアクセントになっててこれまたいい感じ。そしてとろろとそこにかかった青のりがいい香りです。あったかでまたそれが美味いです!

お姫さまはかけそばを注文。とろろ好きじゃないんですよね^^; これも美味しかったって。

となりの席には外国人のふた家族。注文をとるお姉さんが英語で話してたのにびっくりしつつ、ああ、これが高尾山なんだなって思ったりしました。

高尾山でいろいろ食べたよ ソフトクリーム

下山開始、薬王院まで戻ってきました。境内の売店で気になったのが、力ソフト。リキソフトと読む、お寺限定ブドウ酢ソフトクリーム。2月並みの寒さなんですが^^;お姫さまのたってのご希望で注文。おとうさんは ホットコーヒーを飲んでました。

ここの売店の目玉は立体POP。このできがすばらしい!こだわって作られてて見てて楽しいです。

高尾山でいろいろ食べたよ みたらしだんご

薬王院の山門を出たところにあるもみじやでみたらしだんごを注文。目の前で焼いてタレをザッと塗ってくれます。おお!結構大きい。

タケノコの皮の上にのったダンゴ。あったかでタレもしっかり美味しい。ああ、みたらしだんごってあったかいとこんなにうまいんだってあらためて思いました。普段食べてるのっていったいどんなもんなんでしょうねって^^;

高尾山でいろいろ食べたよ 天狗焼き

いろいろ食べながら下山。そうだ家へのおみやげどうしようってことで、ケーブルカー駅前の香住の天狗焼きを買いました。

作ってるところを目の前で見れます。今川焼きみたいなんですが、型が天狗だったり、焼きごてで押印するとこがまた面白かったです。はみ出た部分をレジ前で試食できるのもよかった。

皮はサクサク、中はふんわり。黒豆のあんが上品な甘さ。これはできればその場であったかいうちに食べるのが一番美味しいです。

おみやげで冷めてしまったら、こんな風にしたらあの美味しさが戻ってきますよってのが入ってました。こういうのうれしいです。

高尾山またリベンジしますよ

登って降りてだいたい4時間の旅でした。他にも登山路がいろいろあるし、滝とか吊り橋とかのみどころも、いろいろ食べ物もあるしまた来たいです。なにより富士山をはじめ絶景が楽しめなかったので、それだけでも再チャレンジしたいところです。あ、できれば電車できて山の上でビールってのもいいなぁっていったらお姫さまににらまれました><

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

カテゴリー: こどもとおでかけ

コメントする

コメントする

Feed

https://kosodateblog.otou-no.net / 初めての高尾山へ登山?!